整形外科リハビリテーション学会学術集会 創立30周年記念大会

ご挨拶

大会長写真

整形外科リハビリテーション学会学術集会 創立30周年記念大会
大会⻑ 浅野 昭裕

整形外科リハビリテーション学会、創立30周年記念大会を2021年9月19日(日)、20日(月・祝)の2日間、ウインクあいち(名古屋市)にて開催いたします。本大会で大会長を務めさせていただくことを光栄に存じ、ひと言ご挨拶申し上げます。

1991年、「目の前の1例を良くすること」を目標に、本学会の前身である整形外科リハビリテーション研究会が産声を上げました。以来、整形外科のリハビリテーションの知識と技術を求める者が集い、情報と知恵を集め、新たな評価や治療法を考え、発信できる学会へと成長してまいりました。幾人もの著名な医師を顧問に迎え、学術誌の発行、学術集会・シンポジウム・技術研修会の開催などと共に、若者の成長のための道標となる人材育成プランを構築してまいりました。そして今年、本学会は時代の変化に対応し、また自ら流れを作る者たちの集団へと成長しながら、30年の節目を迎えることになりました。
創立30周年記念大会では特別講演、特別企画、パネルディスカッション、一般演題など密度の高い企画を準備しております。特別講演および特別企画の講師には皆川洋至先生(城東整形外科)、山田睦雄先生(流通経済大学スポーツ健康科学部)、吉田雅人先生(名古屋市立大学大学院医学研究科 運動器スポーツ先進医学講座)、笹原 潤先生(帝京大学スポーツ医科学センター)、宮武和馬先生(横浜市立大学整形外科)、林 典雄先生(運動器機能解剖研究所)などこの領域を牽引されている著名な先生を予定しております。さらに、パネルディスカッションの演者には朴 基彦先生(ぱくペインクリニック)、臼井要介先生(水谷痛みのクリニック)、岩本 航先生(江戸川病院)、山崎哲也先生(横浜南共済病院)、瀬戸口芳正先生(みどりクリニック)、土屋篤志先生(名鉄病院)、井上泰博先生(行岡病院)など最先端でご活躍されている先生を予定しております。また、その他の企画についてもそれぞれの領域の第1人者にご登壇頂き、充実した大会になるよう準備を進めております。
一般演題においても、例年どおり1例報告や症例研究など臨床と深くかかわる数多くの報告がされ、高みを目指す者たちの熱いディスカッションが行われることと思います。次世代を担う若手が未来へと前進するために、温かいご指導とご助言とを頂き、30年の歩みをさらに進めることができますことを祈念しております。

多数の演題発表と多くの皆さまのご参加を心よりお待ちいたします。

大会事務局
名古屋スポーツクリニック リハビリテーション科内
〒466-0845 愛知県名古屋市昭和区藤成通3丁目5番
E-mail:2020-jimukyoku@seikeireha30th.jp ※@は半角にしてください。
TEL:052-859-1233 FAX:052-859-1266
*原則、mailでお問合せいただきますようお願いいたします。
Copyright © 整形外科リハビリテーション学会学術集会 創立30周年記念大会 All Rights Reserved.
ページの先頭へ戻る